算命学☆いろはにほへと

算命学に鑑定例題を通じて親しんでほしいと思います

⑨新庄剛志監督の陰占を見るとあまり良い宿命ではなさそうな・・・

新庄剛志

1972年1月28日生(男・49歳)

【陰占】    【陽占】

 辛 辛      調舒 天馳

午  亥   玉堂 石門 禄存

  癸    天将 調舒 天印

己 辛 

    子丑天中殺

 

・日干戊土

今日から陰占を見ていきます

自分である日干は戊土ですから

山ですね

 

己土は農耕地で作物を育てると見ますが

戊土も土性なので植物を育てます

山には樹木が必要です

禿山では見栄えも悪いですし

保水の役目も果たせません

山は樹木に覆われていてこそ

生命の息づく場になるのです

 

その意味を人に置き換えれば

人を育てる意味にもなりますが

新庄監督の戊土はどのような

状態にあるでしょうか?

果たして

人を育てられる宿命でしょうか?

 

・丑月の戊土

何度も述べて来た事ですが

日干の力が出るかどうかは

月支という季節との

マッチングに因るところが大です

 

丑月は冬ですから冬山でしょうね

樹木を育てるには厳しい季節です

ですから

何といっても太陽の暖かさが欲しいです

しかし宿命内には

太陽である丙火はありません

何とか日支午の中に丁火があります

無いよりは良いでしょう

 

以上の事から

第一守護神は丙火という事になります

火源である甲木が

第二守護神という事になりますが

年支亥の初元に弱い甲木が何とかあります

 

禿山ではありませんが

緑はあまりない山です

守護神は全て地支にあって

あまり力は出せない感じですね

 

あまり良い宿命とは言えなさそうです

 

【note】ここからお入りください。「北風と太陽」について書いています。

 

 

 

⑧新庄剛志監督は晩年期に天将星を持っています

新庄剛志

1972年1月28日生(男・49歳)

【陰占】    【陽占】

戊 辛 辛      調舒 天馳

午 丑 亥   玉堂 石門 禄存

  癸 甲   天将 調舒 天印

己 辛 

    子丑天中殺

 

・晩年の天将星

新庄監督は晩年期に天将星があるので

身強という事になります

 

天将星は皆さんご存じの通り

最高にエネルギーに満ちている星です

なのでそのエネルギーを稼働させる事が

役目だと言えます

とにかくエネルギッシュに生きて行く事です

 

晩年期に天将星があるという事は

人生の最後まで活動的だという事です

しかしそれが良い事かどうかは分かりません

自分のやってきた事や実績に自信を持っていて

若い人の言う事を聞かない

頑固者になる事だってあり得ます

 

・天将星は現実的な星?

天将星は一番エネルギーが大きい星なのですが

現実的な星かどうかという点では

天禄星の方が現実的な星だと言えます

天将星は現実世界で極まった状態を意味するので

既に峠を越えている姿を内に含んでいます

(陽極まれば陰という事です)

 

なので天将星は精神世界へ入って行く

という意味もあります

天将星を持っている人が

精神世界で名を成す事もあるのです

 

新庄監督ももしかしたら晩年期は

精神的な世界に傾いていくかも知れませんね

調舒星も二つありますから

 

彼のお父さんはお寺で育ったという事ですし

彼自身も名言が幾つもあるようで

お寺の掲示板にも載ったとか

 

 努力は一生

 本番は一回

 チャンスは一瞬

 

本当にその通りですね

一瞬のチャンスは偶然に巡るのではありません

 

【note】ここからお入りください。「北風と太陽」について書いています。

 

 

 

⑦新庄剛志監督の中年期には人気者の星である天印星が輝いています

新庄剛志

1972年1月28日生(男・49歳)

【陰占】    【陽占】

戊 辛 辛      調舒 天馳

午 丑 亥   玉堂 石門 禄存

  癸 甲   天将 調舒 天印

己 辛 

    子丑天中殺

 

・天印星

天印星は赤ちゃんの時代の星です

エネルギーは6点です

赤ちゃんのように力を出しなさい

という意味になりますね

 

赤ちゃんは基本受け身です

それでいて周囲を動かせる人です

人々が自然と寄って来る運です

 

赤ちゃんは無邪気で無欲ですから

多くの人が集まりやすいのです

つまりは人に好かれやすい人で

人気者です

 

分け隔てなく交際できる社交性があり

たとえ失敗しても

大目に見られるという特典付き( ´∀` )

新庄監督が天印星なのは納得です

 

・石門と天印星

石門星も既に述べた通り

社交性の星ですから

天印星とはまずまず相性は良いかと思います

共に周囲の人を動かせる

不思議な説得力や魅力を持っているので

新庄監督はマスコミが追い続けるでしょうし

きっと日ハムのファンも球場に押し掛けるでしょう

 

・調舒星と天印星

この組み合わせは「チョットなぁ」ですね

調舒星は孤独の星で

完璧を求める世界観がありますが

天印星は自然体ですからね

 

調舒星は伝達本能の星ですから

選手に何かを伝え指導する時には

天印星的な指導になるのかも知れません

 

おそらくあまり押し付けがましい指導ではなく

選手の方から寄って来る(天印星)事で

彼の経験や技術やプロ野球選手の姿勢などが

伝えられて行く形かも知れません

 

【note】ここからお入りください。「北風と太陽」について書いています。

 

 

 

⑥新庄剛志監督の初年期は天馳星なので落ち着きのない子供だったかも知れませんね

新庄剛志

1972年1月28日生(男・49歳)

【陰占】    【陽占】

戊 辛 辛      調舒 天馳

午 丑 亥   玉堂 石門 禄存

  癸 甲   天将 調舒 天印

己 辛 

    子丑天中殺

 

・初年期の天馳星と調舒星

天馳星は十二段階の人生の

最後の時代区分になります

死後の世界での最後の姿で

過去も未来も無い状態です

なので

現実的エネルギーとしては1点です

 

しかし

今という時間しか持っていない星なので

一瞬の力の開放は大きなエネルギーを生み出すと

解釈されます

但し長続きはしない

集中力が続かない星です

つまりは落ち着きのない子供だったと思われます

やる時とやらない時の落差もあったかも知れません

 

天馳星が初年期にあるというのは

理想的な組み合わせではありません

人生の最後の時代の星が初年期に出るのですから

 

あまり良い事を書いて来ませんでしたが

ここで良い点も書きましょう

見方を変えれば

切り替えが上手い人かも知れません

引きずらない人ですね

新庄監督はそんな感じがしませんか?


調舒星という繊細で複雑な星と

あれこれと気が散りやすい星の組み合わせですから

精神的には不安定になりやすいでしょうね

 

・初年期の天馳星と禄存星

禄存星は親切に人の為に

なにくれとなくしてあげる星ですから

人気者になれるでしょう

しかし

支える星が天馳星の1点では力不足でしょう

親切な星である禄存星が

良い結果を出せない事になりかねません

 

現実の星である禄存星には

有意識の星が付いて欲しいものです

 

【note】ここからお入りください。「北風と太陽」について書いています。

 

 

 

 

⑤新庄剛志監督の人体図には仕事と名誉の星が無い!

新庄剛志

1972年1月28日生(男・49歳)

【陰占】    【陽占】

戊 辛 辛      調舒 天馳

午 丑 亥   玉堂 石門 禄存

  癸 甲   天将 調舒 天印

己 辛 

    子丑天中殺

 

・無い本能

算命学では十大主星を

五本能に分類しています

守備本能:貫索、石門

伝達本能:鳳閣、調舒

引力本能:禄存、司禄

攻撃本能:車騎、牽牛

習得本能:龍高、玉堂

 

新庄監督は赤の星を持っていますから

無いのは攻撃本能の星です

これも人体図の特徴と言えます

 

人間はこの五本能がなければ

生きてはいけません

その意味では

人体図上に星として出ていなくても

彼にも攻撃本能はあるはずです

 

実は人体図の場所が五本能の定位置として

割り振られています

攻撃本能の星の定位置は右手(西)の場所です

そこには玉堂星があるので

玉堂星を用いて攻撃本能を表す人とも言えます

 

という事で

星として無くても場所としてあるという事ですが

星としてないという事は

どういう意味があるのでしょうか?

 

・攻撃本能の星が無い意味

一言で言えば無い星の本能には

拘らないという事です

車騎・牽牛は仕事や名誉の星と言われます

なので

仕事への強い拘りや名誉への執着は

しない方が良いでしょう

 

無責任はいけませんが

仕事への過度の執着心は失敗に繋がります

名誉も欲を張って求めたらいけません

 

新庄監督の生き方を見ていると

あまり拘りは無いようには見えます

「優勝は目指さない」と言っていました

本音は当然優勝でしょうが

何が何でもというのとは違うようです

 

たとえ名誉の星が無くても

人体図の星を上手く活かして行ければ

自ずと名誉も付いてきます

 

【note】ここからお入りください。「北風と太陽」について書いています。

 

 

④新庄剛志監督の二つの調舒星を見てわかる事

新庄剛志

1972年1月28日生(男・49歳)

【陰占】    【陽占】

戊 辛 辛      調舒 天馳

午  亥   玉堂 石門 禄存

  癸 甲   天将 調舒 天印

己 辛 

    子丑天中殺

 

・調舒星

先回は玉堂星を見ましたが

今回は北と南に二つある調舒星です

調舒星は繊細・神経質・孤独・ロマンチスト

空想家・完璧主義というような意味があります

 

新庄監督の印象とは少し違う気がしますね

しかし

私たちはマスコミを通じての

彼しか知りえないのですから

我々には見えない新庄監督の内面の世界が

あるのは当然でしょう

 

大雑把そうに見えて

以外と繊細な人物かも知れません

 

・北と南の調舒星

北は親の場所で

そこに孤独を意味する調舒星があると

親縁が薄い可能性が出て来ます

親が居ないという意味だけではなく

頼れない親だという意味にもなります

 

南は子供の場所ですが

自分の子供の頃の環境をも意味します

そこにも調舒星があるので

寂しい子供時代ではなかったかと

推測できます

実際に新庄監督の家は貧しくて

大変だったようです

 

陰占で見ても

生月中殺なので家系に頼れずに

自分の力で生きて行く人だと分ります

貧しい家系に生まれたとすれば

親には頼れないので

必然的に自立せざるを得ません

自力で生きて行ける強さが

備わっている人なのです

子丑天中殺なので初代運でもあります

 

【note】ここからお入りください。「北風と太陽」について書いています。

 

 

③新庄剛志監督の玉堂星は未消化のようですが・・・

新庄剛志

1972年1月28日生(男・49歳)

【陰占】    【陽占】

戊 辛 辛      調舒 天馳

午  亥   玉堂 石門 禄存

  癸 甲   天将 調舒 天印

己 辛 

    子丑天中殺

 

・玉堂星

石門星と禄存星を見てきましたが

この二つの星は現実的な星で

新庄監督の印象を

良く表している星でした

 

しかし

新庄監督には玉堂星と調舒星という

精神性の星が三つもあります

この星の意味するところは

新庄監督のイメージにはない世界です

 

先ず玉堂星ですが

知性と母性というクールとホットという

両面を持っています

 

静かな部屋で書物を読んで

知識を吸収するイメージが玉堂星です

また身内に対して愛情深いのが

玉堂星と言われもします

 

新庄監督は体験から学ぶ事はあったとしても

座学で伝統的なものを学ぶ事は

無かったと思います

玉堂星は消化していない可能性があります

 

・玉堂星が未消化?

この玉堂星は

配偶者の場所にあるのですが

配偶者の場所にある星が

上手く活かされていないと

良い配偶者に恵まれにくいという

見方が出来ます

つまり

玉堂星を上手く消化できていれば

良き配偶者縁が生まれると言えます

 

逆に良い配偶者に恵まれると

配偶者の場所にある星を

上手く活かす事が出来るようになる

とも言えます

 

新庄監督は離婚歴がありますが

もう結婚はしないと言っていますね

自由で居たいとの事です

配偶者の場所にある

玉堂星の未消化の影響と考える事も

出来ると思いますがどうでしょうか?

 

玉堂星は母親の星ですから

母親との関係も考慮しなければなりません

気性の荒い女性だったようで

夫婦(父母)喧嘩が絶えなかったようです

彼はそんな母親との絆は

どの様なものだったのでしょう?

あまり芳しくなかったかと思います

 

母親の事は陰占でも取り上げる様に

なるかと思います

 

【note】ここからお入りください。「北風と太陽」について書いています。